2010年12月04日

われらがセイコちゃん!


 福井での取材の影響か、カニを食す。と言っても、立派なズワイガニは手が届かないので、リーズナブルなメスの「セコガニ」で。
 このセコガニ、福井・越前では「セイコガニ」と呼ばれます。

 オスのカニとメスのカニでは大きさが全然違うので、身のボリュームはオスのカニにはかないませんが、セイコガニには、オスにはない、「外子」と「内子」よばれるタマゴがあります。とくに内子は「赤いダイヤ」と呼ばれるほどの美味で珍味。いっぺんでセイコちゃんのファンになってしまいます。

ふくめし 002.jpg

材料>
(A)セイコガニ

<作り方>
(1)塩茹でしたセイコガニをダイナミックに切り、身や味噌、タマゴをほじほじして食べます。

※足や胴の身は、麺棒のようなものでしごき出せば「ほじほじ」せず食べられます。
posted by ふく at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。