2010年12月05日

高知・仁淀川の天然鮎の干物

 いただきものです。タイトルのとおり「高知・仁淀川の天然鮎の干物」です。おそらく釣り人さんの手作りのようで、市販ものではなさそうです。いわゆる市販の「塩乾もの」のように、塩を効かせた干物ではなく、ほんのりした塩味で風乾させた感じ。
 鮎独特の香りもほのかで、味わいも淡白。噛み締めるほど味わいが広がり、深まります。焼酎のお湯割りにピッタリマッチ。

ふくめし 030.jpg

<材料>
(A)高知・仁淀川の天然鮎の干物

<作り方>
(1)焼き網に高知・仁淀川の天然鮎の干物をのせ、両面をあぶるようにこんがり焼けば出来あがり。
posted by ふく at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171952094
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。