2010年11月14日

白湯スープもどきの長崎風チャンポン麺


 長崎で食べたチャンポン麺は、美味しいうえにボリューム満点でした。野菜や肉、魚介など具材もたっぷりです。きっと栄養のバランスもいいのでしょう。
 地元のスーパーに行ったら、スープはもちろん、あらかじめ刻んだ色とりどりのかまぼこがチャンポン用として売ってました。大阪人が家でお好み焼きを焼くぐらい、長崎の家庭では日常的にチャンポン麺が食卓に上るのでしょうね。

チャンポン麺.jpg

<材料>
(A)干しシイタケ
(B)干しえび
(C)キクラゲ
(D)ニンジン
(E)ニラ
(F)キャベツ
(G)豚肉スライス
(H)かまぼこ
(I)缶詰コーン
(J)カツオだし
(K)中華スープの素
(L)醤油
(M)牛乳
(N)中華麺

<作り方>
(1)干しシイタケ、干しえび、キクラゲは水に戻しておく。
(2)適当な大きさに切った、ニンジン、ニラ、キャベツ、豚肉、かまぼこをフライパンで炒め、さらに缶詰コーンと(1)の材料も加える。
(3)鍋に(1)の戻し汁と、カツオだし、中華スープの素に水を加えて煮、醤油で味を調えてから牛乳を少量加える。
(4)器に、別の鍋で湯がいた中華麺をよそい、炒めた具材とスープを加えれば出来あがり。
posted by ふく at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

ふろふき大根のゆず味噌がけ


 大根が美味しい季節になりました。これからは冬の野菜として大活躍です。そんな、大根が主役のふろふき大根。胡麻味噌や肉味噌、卵黄味噌などのバリエーションがありますが、なんとなく雅やかなイメージがするゆず味噌で。

ゆず味噌大根.jpg

<材料>
(A)大根
(B)昆布
(C)白みそ
(D)みりん
(E)日本酒
(F)ゆず

<作り方>
(1)大根を適当な大きさに切り、米のとぎ汁で下ゆでする。
(2)火が通ったら、昆布を敷いた鍋に大根と水を入れて煮る。
(3)別の鍋に白みそ、みりん、日本酒、絞ったゆずと、おろしたゆずの皮を入れたのを火にかけ、アルコールを飛ばしながら混ぜる。
(4)器に大根を盛り、ゆず味噌をかければ出来あがり。
posted by ふく at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

シンプルなかやくごはん

 たまに味のついたご飯が食べたくなります。松茸ごはん、栗ごはん、牡蠣ごはん。。。そんな具材は用意してなっかけど、思い立ったのでかやくごはん。シンプルな味付ご飯といった感じです。

ふくめし 201.jpg

<材料>
(A)ニンジン
(B)こんにゃく
(C)鶏もも肉
(D)薄揚げ
(E)缶詰コーン
(F)しめじ
(G)醤油
(H)みりん
(I)昆布
(J)米

<作り方>
(1)材料を適当な大きさに切り、調味料と合わせて分量の水を入れて炊けば出来あがり。彩りに青のりを。

posted by ふく at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

調子に乗ったブルーチーズソースのパスタ


 ブルーチーズソース連投。チーズの熟成具合もあって早めに使い切ろうという思惑があったものの、続けて食べたくなるほど気に入ったので、材料がほとんど前回そのまま。調子に乗っての連投です。
 前回より牛乳の比率がやや多いですが、そのへんは好み。生クリームを使うともっと濃厚になるでしょう。

ふくめし 198.jpg

<材料>
(A)シメジ
(B)バター
(C)ブルーチーズ
(D)牛乳
(E)コショウ
(F)ペンネ

<作り方>
(1)鍋でペンネを茹でながら、フライパンでシメジをバターで炒め、ブルーチーズと牛乳を加えて煮、味を見ながらコショウで味を調える。
(2)好みの固さに茹でたペンネを皿に盛り、ソースをかけてハーブミックスを振れば出来あがり。
posted by ふく at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

生パスタのブルーチーズソースがけ


 パスタ連投。とろっとろに熟成したブルーチーズをパスタソースに使いました。ワインに合う合う、ゴックンコ。
 パスタは冷凍の手打ち生パスタを使いました。

ブルーチーズのパスタ.jpg
 
<材料>
(A)豚バラ肉スライス
(B)ブルーチーズ
(C)牛乳
(D)塩
(E)コショウ
(F)冷凍生パスタ

<作り方>
(1)鍋で冷凍生パスタを茹でながら、フライパンで豚バラ肉を炒め、ブルーチーズと牛乳を加えて煮、味を見ながら塩とコショウで味を調える。
(2)好みの固さに茹でたパスタを皿に盛り、ソースをかけてハーブミックスを振れば出来あがり。
posted by ふく at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

野菜を加えた明太子パスタ


 市販のパスタソースはお手軽で便利。明太子のパスタなんて、パスタの本場のイタリア人ですら思いつかんでしょう。
 キューピーのあえるパスタソース「からし明太子」。よくできてます。添付の海苔をかけるだけではつまらんので、冷蔵庫で眠っていた野菜を添えました。

SN3D0001.JPG

<材料>
(A)パスタ
(B)豆苗
(C)スナップエンドウ
(D)ネギ
(E)あえるパスタソース「からし明太子」

<作り方>
(1)パスタを茹でながら、適当な大きさに切った豆苗とスナップエンドウをパスタの茹で湯にサッとくぐらせる。
(2)茹で上がったパスタにパスタソースをからめ、器に盛って豆苗とスナップエンドウ、刻んだネギを添えれば出来あがり。
posted by ふく at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

大阪名物どて焼き


 大阪的料理の連投。串かつと並ぶ、大阪的大衆居酒屋メニューの決定版が「どて焼き」です。牛すじをクツクツと白味噌で煮ます。
 本来は味噌を「土手」に見たて、鉄板の上で味を絡ませながら「焼く」ことから「どて焼き」と呼ばれますが、料理の技法的には煮ものです。
 すじ肉だけで作るのが本流ですが、コンニャクを使うのもアリです。クツクツと長時間かけて作りましょう。

SN3D0004.JPG

<材料>
(A)牛すじ
(B)コンニャク
(C)白みそ
(D)砂糖
(E)日本酒

<作り方>
(1)牛すじ肉を軽く洗って下ゆでする。
(2)鍋に、適当な大きさに切った牛すじとコンニャク、白みそ、砂糖、日本酒、水を加えて火にかければ出来あがり。

※クツクツと水や日本酒を足しながら焦がさないように長時間煮詰め、すじがトロトロになるまで煮込みます。食べるときは、青ネギや練りカラシ、七味唐辛子などをかけていただきます。
posted by ふく at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

大阪的ソース焼きめし


 焼きめし連投。大阪人はソース味が好きだと言われています。たこ焼き、お好み焼き、焼きそば、串かつからそういうふうに連想されるのかも知れません。まま、嫌いではないです。どちらかと言えば好き。

 なもんで、ソース味の焼きめしです。削りカツオに青のり、紅ショウガを加えて大阪風。

ソース焼き飯.jpg

<材料>
(A)ニンジン
(B)玉ねぎ
(C)ニラ
(D)ハム
(E)冷凍つぶコーン
(F)たまご
(G)ごはん
(H)ソース
(I)削りカツオブシ
(J)青のり
(K)紅ショウガ

<作り方>
(1)フライパンに油を引き、みじん切りにしたニンジン、玉ねぎ、ニラ、ハム、冷凍つぶコーン、溶きたまご、ご飯を炒める。
(2)よく炒まったところに、ソースを回しかけ、削りカツオブシを加えて混ぜ器に盛り、青のりと紅ショウガを乗せれば出来あがり。
posted by ふく at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

熟成キムチの朗らか焼きめし


 あっさりした浅漬けのお漬け物もいいですが、どちらかといえばくったり漬かった古漬けが好き。これはキムチも同様で、ちょっと酸っぱくなってきたぐらいのが大好きです。だいたい、表示されている賞味期限が過ぎたころからのがマイ食べごろ。

 スーパーでは、賞味期限が迫っているようなキムチを「おつとめ品」とかで安売りをしているのですが、わざわざ食べごろに熟成させてくれた上で格安に提供してくれるので「何だか申し訳ありません」な気分です。熟成が進んだキムチは炒め物によく合います。そのまま食べるのも大好きですが、刻んで「焼きめし」にしてみました。

キムチ焼き飯.jpg

<材料>
(A)玉ねぎ
(B)ハム
(C)たまご
(D)キムチ
(E)ごはん

<作り方>
(1)フライパンに油を引き、みじん切りにした玉ねぎとハム、溶きタマゴを炒め、刻んだキムチとごはんを加えてさらに炒める。全体がなじんで炒まったら器に盛り、カイワレをトッピングすれば出来あがり。
posted by ふく at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

焼きサバの地中海風トマトソースかけ


 脂の乗った焼きたてのサバにお醤油やポン酢をサッとかけて和風でいただくのもいいですが、トマトソースをかけて白ワインと一緒にいただくのもオツ。
 たいした意味はないけど、イメージだけ地中海風。

サバのトマトソースかけ.jpg

<材料>
(A)サバ
(B)ニンニク
(C)玉ねぎ
(D)しめじ
(E)ホールトマト
(F)塩
(G)コショウ
(H)ローレル
(I)固形ブイヨン
(J)砂糖

<作り方>
(1)サバは塩とコショウ振って置いておく。
(2)鍋にオリーブオイルを入れ、みじん切りしたニンニクと玉ねぎを加えて炒める。
(3)ホールトマトとしめじ、固形ブイヨン、砂糖、ローレルを加え、ホールトマトをシャモジで潰しながら煮詰めて水分を飛ばし、塩とコショウで味を調えればトマトソースの出来あがり。
(4)両面をこんがり焼いたサバを皿に盛り、トマトソースをかければ出来あがり。
posted by ふく at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

タアサイのさっくりバター炒め


 中国野菜のタアサイ。クセが少ないのでいろんな料理に使えます。言い換えれば、個性が弱いので合わせる材料や調理法に左右されやすい素材です。
 朝食のトーストに合うよう、バターで炒めていただきました。

SN3D0001.JPG

<材料>
(A)タアサイ
(B)ニンジン
(C)たまご
(D)バター
(E)塩
(F)コショウ

<作り方>
(1)フライパンにバターを引き、適当な大きさに切ったニンジンとタアサイ、溶き卵を炒め、火が通ったら塩とコショウで味を調えれば出来あがり。
posted by ふく at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

ほうとうのような煮込みうどん


 以前、山梨に縁があってよく行ってました。毎回とは言いませんが、郷土料理のほうとうは何度もいただきました。具のバリエーションは様々ですが、カボチャは必須。野菜がたっぷいただけます。
 大阪では、大きなスーパーか百貨店にでも行かないとほうとうは手に入りません。なので、煮込みうどんの麺で代用です。寒い日にはからだがポカポカと温まります。

IMG_0296.JPG

<材料>
(A)ダイコン
(B)ニンジン
(C)カボチャ
(D)白菜
(E)白ネギ
(F)豚肉スライス
(G)しめじ
(H)シイタケ
(I)うすあげ
(J)味噌
(K)昆布
(L)煮込みうどん麺

<作り方>
(1)鍋に昆布と水を入れ、戻して火にかけて取り出す。
(2)適当な大きさに切った(A)〜(I)の材料を入れて煮、アクを取り除く。
(3)味噌で味を調え、煮込みうどん麺を入れ、ひと煮立ちすれば出来あがり。
posted by ふく at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

あらよっとタンドリーチキン


 最近、重宝させてもらっているシーズニング。スパイスやハーブが絶妙にブレンドされているので使いやすい。「あらよっと」という感じで作れてしまいます。雰囲気で、少しヨーグルトを混ぜてみました。

タンドリーチキン.jpg

<材料>
(A)鶏もも肉
(B)S&Bシーズニングタンドリーチキン
(C)メグミルクのヨーグルト「
(D)サラダオイル

<作り方>
(1)一口大に切った鶏もも肉をポリ袋に入れ、シーズニングミックスとヨーグルトを加え、全体になじませるように揉み込み、しばらくおく。
(2)フライパンに油を引き、(1)の肉をこんがり炒めれば出来あがり。

posted by ふく at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

豚とマコモダケの炒め物


 この時期しか出回らないマコモダケ。柔らかいタケノコのような独特の食感です。野菜を食べているというより、野草を食べている感じが何となくワイルド。

マコモだけ.jpg

<材料>
(A)マコモダケ
(B)牛肉のスライス
(C)ネギ
(D)サラダオイル
(E)塩
(F)コショウ
(G)醤油

<作り方>
(1)フライパンに油を引き、適当な大きさに切ったマコモダケとネギ、牛肉のスライスに塩とコショウを振ってを炒め、火が通ったら醤油とコショウで味を調えれば出来あがり。
posted by ふく at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

海鮮づけ丼


 いろんな魚の切れっ端のようなところを集めたものが「海鮮丼用」として売られていました。マグロ、ハマチ、サーモン、イカ、タイの5種類をミックスしたものです。これを冷蔵庫で一晩「づけ」にしてから、酢飯の丼でいただきました。

海鮮丼.jpg

<材料>
(A)海鮮ミックス(マグロ、ハマチ、サーモン、イカ、タイ)
(B)玉ネギ
(C)削りカツオ節
(D)青じそ
(E)白ゴマ
(F)醤油
(G)日本酒
(H)みりん
(I)酢
(J)砂糖
(K)昆布茶
(L)米
(M)ワサビ


<作り方>
(1)「海鮮ミックス」を容器に入れ、醤油と日本酒、みりんを合わせたタレに和え、ラップをして冷蔵庫でひと晩寝かせる。
(2)玉ネギをスライスして水にさらし、青じそは細かく刻んでおく。
(3)酢と砂糖と昆布茶を合わせた寿司酢に、炊きたてのご飯を合わせる。
(4)丼に(3)のご飯をよそい、さらし玉ネギと削りカツオ、ヅケの海鮮ミックス、青じそをのせ白ゴマを振り、ワサビを添えれば出来あがり。
posted by ふく at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

ブリしゃぶ鍋のパスタ


 先日の「豚バラ肉と白菜のトマト缶の洋風鍋のパスタ」と同じく、鍋の後の魅惑のパスタ。ブリの脂がコクを出しまくり、これに負けじと野菜をタップリ投入しました。
 味付けは思いっきり和風のパスタです。

思いっきり和風パスタ.jpg

<材料>
(A)「脂ののったブリのしゃぶしゃぶ」の残ったスープ
(B)白菜
(C)分葱
(D)しめじ
(E)醤油
(F)味醂
(G)日本酒
(H)水溶き片栗粉
(I)パスタ

<作り方>
(1)「脂ののったブリのしゃぶしゃぶ」の残ったスープの鍋に、刻んだ白菜と分葱、しめじを加えて煮る。
(2)火が通ったら、醤油と味醂、日本酒で味を調え、水溶き片栗粉を加えてとろみを出す。
(3)好みの固さに茹でたパスタを皿に盛り、ソースをかければ出来あがり。
posted by ふく at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

脂ののったブリのしゃぶしゃぶ


 食卓にお鍋が登場する機会が増えるシーズンになりました。鍋料理は、いただきながら調理するというのか、調理しながらいただくので、基本、下ごしらえのみです。家で食べても飲食店で食べてもセルフサービス。なので、すすんで外でいただく気がしません。焼肉も同様ですね。
 ちょうど分葱が手に入ったので入れてみました。関西以西でしか流通していない野菜だそうです。へーっ。

ぶりしゃぶ.jpg

<材料>
(A)ブリの薄切り
(B)昆布
(C)大根
(D)白菜
(E)白ネギ
(F)分葱
(G)しめじ

<作り方>
(1)鍋に昆布と水を入れ、戻して火にかけて取り出す。
(2)大根、白菜、ネギ、しめじ、分葱を煮つつ、薄切りのブリを鍋の湯にくぐらせながらいただく。
posted by ふく at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

安納イモムシ


 さつまいもが美味しい季節です。栗より甘い十三里とか言いますが、この安納芋は糖度が高くてスーツのようです。
 ゆっくり加熱するとより甘味が増すということで、スチームにしてみました。もう、それだけでお菓子のようです。

安納イモムシ.jpg

<材料>
(A)安納芋

<作り方>
(1)安納芋を蒸し器に入れて蒸し上がれば出来あがり。
posted by ふく at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

天然ハマチのお造り


 関東ではイナダと呼ぶそうですが、関西ではハマチです。ブリになる前の若い魚です。ハマチは養殖ものが多いのですが、これは天然もの。養殖ものに比べてあっさりしています。
 新鮮なので身がコリコリ。冷蔵庫で一日寝かせると、ほどよく柔らかくなって旨味も増します。どちらが好きかはお好みしだい。
 そうそう。関西で言う「造り」とは関東で言う「刺身」のことです。けんの代わりに大根のスライスを敷きました。

天然ハマチのお造り.jpg

<材料>
(A)天然ハマチ
(B)ダイコン
(C)わさび

<作り方>
(1)スライスしたダイコンを敷いた皿に、サクを適当な大きさにカットしたハマチを盛り、ワサビを添えれば出来あがり。
posted by ふく at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

豚バラ肉と白菜のトマト缶の洋風鍋のパスタ


 前日のお鍋の第2ステージ。どうして「次の日のお鍋」は、これほどまでに魅惑的なのでしょうか。まことに罪作りな味わいです。

 まれに、お店でいただくお鍋のごとく「その日限りでおしまい」にされているご家庭もあるようですが、お鍋には1日では出せない熟成感があります。まるで、抜栓してからまろやかに変化するワインのごときの美味なる変化(へんげ)です。

 具材を足して、クツクツ煮詰めてパスタソースにしてみました。

豚バラ白菜トマト鍋のソース.jpg

<材料>
(A)「豚バラ肉と白菜のトマト缶の洋風鍋のパスタ」の残ったスープ
(B)白菜
(C)白ワイン
(D)塩
(E)コショウ
(F)水溶き片栗粉
(G)パスタ

<作り方>
(1)「豚バラ肉と白菜のトマト缶の洋風鍋のパスタ」の残ったスープの鍋に、刻んだ白菜と白ワインを加えて煮る。
(2)加えた白菜に火が通ったら、塩とコショウで味を調え、水溶き片栗粉を加えてとろみを出す。
(3)好みの固さに茹でたパスタを皿に盛り、ソースをかけてハーブミックスを振れば出来あがり。
posted by ふく at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。